【天海つばさ(あまみつばさ)】仕事とはわかっていても、手つかずのまま冷え切った旦那の食事を前に、深いため息をつくのだった 2