「仁美」は「怜子」に対し、嫉妬と興味を抱き、「KAORI(かおり)」に「怜子」との直接的な接触を要求するのだった 3